ゲーム買取の徹底比較おすすめランキング!知らずに売ったら損をする!

ゲーム 梱包方法 おすすめ

ゲームの買取価格をアップさせる為のおすすめ梱包方法

ゲームの買取価格を高くするための梱包方法

当サイトでは、ゲームを高く売るためにはゲーム自体のコンディションをキレイな状態にしておくことが大切とお伝えしてきましたが、せっかく大切にキレイなまま保管しておいても、買取に出す際の配送途中に傷が付いてしまったら水の泡です。

高価買取にはゲームの梱包方法も大切です!

そこで、元引越し屋のアルバイト経験もある管理人が、絶対にゲームを傷つけず高く買い取ってもらうためのおすすめ梱包方法をお教えします。

梱包する時に気をつけるべきことは下の5つ!

この5つの梱包方法さえ実践してもらえれば、大切なゲームを傷つけることなく、しっかりと安全に買取に出すことが出来ると思います!

しっかりとした梱包は買取価格をアップさせるメリットがあります。
是非ゲームを梱包する際には一度目を通してみてください。

差し込み型はNG!ダンボールの梱包は十字型が最強の耐久性

ダンボールの底は差し込み型で組み立てるのではなく、ガムテープなどを使って十字型に貼り付けて組み立てることをおすすめします。

  • ダンボールの差し込みはNG
    →差し込みだと中心部分の強度が弱く底が抜ける危険がある
  • ダンボールを十字型にテープで貼る
    →重みが集まる中心部の強度も強く確実にゲームを運べる

差し込み型で組み立てると、どうしてもダンボール底の中心部の強度が弱くなり、中心に重みが偏ると底が抜けてしまう恐れがあります

その点、十字型で組み立てておけば重みが集まる中心部もしっかりと補強できているので、中央に重みが偏っても簡単に底は抜けません。

管理人が引越しのアルバイトをやっていた時も、この十字型の組み立て方法が一番簡単で早くて強度が高いやり方だと教わりました。

十字型でも十分な強度を誇りますが、少し手間を加えることで十字型を超える完璧な梱包にすることも可能です。

名づけて、アミダ型!!

出来上がりのテープの形があみだくじのように見えるので、管理人が個人的に命名した方法です。
十字型に加えてサイドにも補強のテープを張ることでこれでもかと言う位に完璧な梱包に仕上がります。

  • 梱包用テープの張り方1
    →十字型のサイドにもテープを貼る
  • 梱包用テープの張り方2
    →織り込むように貼り付ける
  • 梱包用テープの張り方3
    →中央・左右ともに死角なし!

送るゲームの数やサイズにあったダンポールを用意する

中にゲームを詰めた時に、ゲームと梱包用のダンボールのスキマは少ない方が配送中も中身が動かず傷つきにくくなります。

昔から大は小を兼ねると言いますが、梱包の際には必要以上に大きなダンボールを使わないことをおすすめします

  • ゲームの梱包NG例
    →詰め込むゲームの量に対して、ダンボールが大きすぎるためスカスカ
  • ゲームの梱包OK例
    →買取に出すゲームを詰めた時、ダンボールの内側に若干のスキマがあるくらいがベスト

身近なダンボールのサイズで詰めれるゲームの目安

・2Lペットボトル(6本)のダンボール
縦 18cm × 横 32cm × 高さ 32cm
PS3、PS4のゲームソフトなら約32本、3DSのソフトなら約50本

・アマゾンのダンボール
縦 25cm × 横 33cm × 高さ 7cm
PS3、PS4のゲームソフトなら約10本、3DSのソフトなら約16本

ダンボールを用意する時に気をつける事は、買取に出したいゲームの量に合わせた適切なサイズのダンボールを用意すると言うことです。

ダンボールが大き過ぎると、梱包し終わった時に中身がスカスカになってしまい、配送中に中身が揺れてゲーム同士がぶつかり合って傷が付いてしまう恐れがあります

逆に、ダンボールが小さ過ぎると中身がギュウギュウになり過ぎてしまい、衝撃が加わった時にダンボールや緩衝材に衝撃が吸収されることなく、外からの衝撃が中身のゲームに直接伝わって傷が付いてしまう恐れがあります

なので、用意する梱包用のダンボールは、ゲームを詰め終わった時にダンボール内部の上下左右に若干のスキマが出来るくらいの物がおすすめです。

ゲームは縦向きにして梱包する!平積みで上に重ねない!

ゲームソフトを梱包する時は、平積みで重ねるのではなく縦向きに詰めていきましょう。

  • ゲームの平積み梱包はNG
    →平積みにすると重みで下のケースが割れることもある
  • ゲームは縦向きに梱包する
    →縦向きにすることでケースに余計な重みがかからない

平積みにすると、下のゲームソフトに重ねた分の重量が圧し掛かってしまいます

必要以上に重量が掛かってしまうと、配送中に上下に揺れることでケースにヒビが入ったり、割れたりしてしまう恐れがあります。

ゲームケースを平置きで梱包すると上からの衝撃に弱くなりますが、縦置きなら上からの衝撃にも十分耐えることができます。

ゲームやDVD、CDなどを詰める時は縦向きにがおすすめ!

一手間で安全性を大幅にアップさせる方法

また、ゲームをダンボールに詰める前に、ダンボールの底面に緩衝材(プチプチ)を敷いておくのもおすすめです。

下に緩衝材を敷くのと敷かないのとでは、安全性に天地の差が出てきます。

もし、緩衝材(プチプチ)に余裕が無い場合は、丸めた新聞紙などの紙でも代用OKです
この一手間で安全性が大きく変わるので、必ず敷くようにしましょう!

ダンポールとゲームの間に緩衝材を詰めて、出来るだけスキマを無くす

梱包で気を付ける事は、スキマを調整することです。

ゲームがダンボールに直接触れているようなスキマが無い状態だと、外からの衝撃が加わった時にモロにくらうため、外部からの衝撃に弱くなります。

逆にゲームとダンボールの間にスキマが空き過ぎていると、 配送中に揺れた時、ゲーム同士がぶつかって傷が付いたりする可能性があります。

  • ゲームの梱包をする時はスキマがあるとNG
    →ゲーム自体を緩衝材で梱包しても回りがスキマだらけではダメ
  • ゲームの梱包をする時はスキマを緩衝材で埋める
    →ゲームの上下左右を新聞紙を丸めた緩衝材で埋めることでスキマを無くす

写真のように、ダンボールの上下左右に少しスキマを作ってそこに緩衝材を敷き詰めるように梱包するのがおすすめ。

そうすることによって、中身がしっかりと固定され配送中もゲームが揺れることはありません。

また、緩衝材を敷き詰めたことで、配送中に外部から衝撃が加わっても、緩衝材がしっかりと衝撃を吸収してくれ、中身のゲームも傷が付き難くなります。

ダンポールにはちゃんとワレモノ注意の記載をする

ワレモノ注意の記載をしておかないと、配送中に雑に扱われてしまったり、ダンボールの上に重い荷物を積み重ねられてしまう可能性があります

自分の大切なゲームを無事に傷つけることなく配送してもらうためにも、ワレモノ注意の記載は確実に行うことをおすすめします。

  • ダンボール何も記載しないのはNG
    →何の記載も無いと多少雑に扱っても壊れない物だと思われてしまう
  • ダンボールにはワレモノ注意を記載
    →ちゃんとワレモノ注意の記載をしておくことで配送ドライバーに意識してもらおう

ワレモノ注意の記載ですが、ダンボールの上部と側面の2箇所に記載しておくのがおすすめです。

上部側面に書いてあれば、荷物の積み下ろしの際にどちらかの記載が確実に配送ドライバーの目に入ります。

配送ドライバーの見落しを防ぐためにも、記載する際は上部と側面の2箇所に記載するようにしましょう。

自分で記載するのが面倒だという場合は、集荷の際に訪れた配送ドライバーに荷物を渡す際に「ワレモノなのでワレモノ注意のシールを貼っておいてください」と伝えれば大丈夫です。。

配送ドライバーがその場でシールを持ていなかったとしても、車や営業所に戻れば確実にシールのストックは持っているので大丈夫です。

もしもの水滴にも備えられるようにしておく

上記の5つの梱包のコツを実践してもらえれば配送中にゲームに傷が付いてしまうようなトラブルはほとんど防ぐことができると思います。

しかし、万全の体制を整えるのであれば、水滴によるトラブルも考慮し対処しておくべきだと管理人は声を大にして言いたい!!

ベストな方法としては、一つ一つ丁寧にゲーム機やゲームソフトを緩衝材(プチプチ)で梱包する事ですが、もし緩衝材(プチプチ)に余裕がないようでしたら、スーパーでもらった袋や100均などでも売っているような45Lの大きなビニールにまとめて入れもOKです。

改めて言うまでもありませんが、ゲーム機本体やゲームソフトのジャケットに使われているような紙類は水との相性が最悪です。

ほんの少しの水でもゲーム機本体がショートしてしまったり、ジャケットの紙がふやけてしまったりする可能性はあります。

水をあなどってはいけません!

水への対策もしっかりと考えておくことで、ゲームの買取価格を落とすことなく、高く売ることで出来るようになると思いますので、梱包の際は水避け対策もお忘れなく!!

その他のゲーム高価買取の為のマル秘テクニックはコチラ!

この記事を見た人はこちらの記事にも関心があります

  • 関連する記事がありません
おすすめランキング王冠おすすめランキング帯

当サイトでよく見られている記事