ゲーム買取の徹底比較おすすめランキング!知らずに売ったら損をする!

同一タイトル 買取

同一タイトルのゲームを複数買取に出すと価格が下がる!?

同一タイトルのゲーム買取

管理人のようなオタク気質の人は、気に入ったゲームやCD、限定版コミックなどがあると、同一タイトルでも複数買ってしまうことがあります。

オタク業界で言うところの、遊ぶ用・保存用・布教用ってやつですねww

しかし、いつの日か自分の中のブームが去り、コレクションしていたアイテムを売る時が来たとしても、一つの店舗で同一タイトルのアイテムを一気に売ることは絶対におすすめしません

なぜなら、同一タイトルのアイテムを一つの店舗で複数買取に出すと買取価格が下がる原因になるからです。

とは言っても、店舗別の購入特典やイベント応募券欲しさで、同じタイトルのゲームやDVD・CDを複数購入することもあると思います。

管理人自身も、このサイトを立ち上げるまで、同一タイトルのアイテムの処理に困っていました。

しかしそんな中、損することなく同一タイトルの高価買取をしてくれる宅配買取店舗を発見!

買取金額・査定スピード・サービス内容の3点で比較してランキング形式で発表したいと思います。
同一タイトルの買取ならこのお店がおすすめ!

同一タイトル買取OKな店舗一覧

店舗名買取可能点数申し込み
おすすめ1位メディア買取ネット・2点まで
おすすめ2位買取王子・3点まで
おすすめ3位Vaboo(バブー)・10点まで
いーあきんど・5点まで
ヤマトク・上限なし
リサイクルネットゲーム・上限なし

同一タイトルの買取NGの理由

なぜ、店舗側がこのような対応をしているのかと言うと、万引きや窃盗による不当な金銭交換を防ぐためと言うのが大きな理由です。

確かに、店舗側の言い分も分かりますが、純粋に同一タイトルを複数買う人間もいるのだと言う事も理解して欲しいものです。

特に最近では、AKB商法と呼ばれるような、始めから一人が複数点購入することを見込んでいるようなアイテムもあります。

余剰に余ってしまったゲームやCD、DVDを有効活用するためにも、同一タイトルでも査定を受け付けてくれている店舗は本当にありがたいです!!

同一タイトルの買取はそもそもNGの店舗が多い

そもそも多くの宅配買取店舗では同一タイトルの買取を行っていません。

受け付けてくれたとしても、同一タイトルのゲームは最大2本までとか、2本目以降は査定価格を下げるなど制約があります

この制約はゲーム以外のCDやDVD、Blu-rayなども同様の扱いです。

そんな中、同一タイトルでも複数買取を受け付けてくれている店舗はあります。

特に、買取王子Vaboo(バブー)メディア買取ネットは、送る時の送料&キャンセル時の返送料が無料で利用できるので、特におすすめです!

同一タイトルの定義

最後に、同一タイトルについて勘違いが無いように、同一タイトルの定義をハッキリさせておきたいと思います。

同じタイトルのゲームでも「通常版」や「限定版」などバージョンが違えば同一タイトルのゲームとはなりません

CDやDVD、Blu-rayなども同じように、「通常版」や「初回版」、「プレミアム版」などバージョンさえ違えば問題ありません。

バージョン違いは同じタイトルのアイテムでも別々のアイテムとして、適正な価格で査定を行ってもらえますので、ご安心ください。

宅配買取でゲームを高く売るために知っておくべきこと!

  • メールアドレスの受信設定に気をつける!
    宅配買取はそのほとんどのやり取りをメールで行います。そのため、店舗側からのお知らせメールは確実にチェックできるようにしておきましょう!
  • 絶対に自動承認にしない!
    買取を申し込む時は、必ず査定価格を確認してから売る売らないの判断をするようにしましょう!面倒だからと自動承認にすると予想外の低価格で売ることになるかも・・・
  • 店舗指定の配送業者を使う!
    ゲームを送る際の配送業者は各店舗が指定している配送業者に頼みましょう!勝手に違う配送業者を使って送ってしまうと送料を請求されてしまうかも!?
  • ゲームに多少の傷があっても値段は付く!
    どんなに古くても状態が悪くても、ゲームとして遊ぶことができれば値段が付く可能性があります!自分の判断で諦めたりしないで、一度買取に出してみましょう!
  • 買取対象外のゲームについて
    ゲームの保存状態の良し悪しに関わらず、中には買取不可能なゲームも存在します。そのようなゲームは買取に出しても値段が付かず、処分されるか返送されてしまうので売る前に一度確認してみましょう!

この記事を見た人はこちらの記事にも関心があります

おすすめランキング王冠おすすめランキング帯

当サイトでよく見られている記事