ゲーム買取の徹底比較おすすめランキング!知らずに売ったら損をする! ゲーム買取日記編

ゲオ 買取 安心

続・管理人のひとり言あいさつ

ゲーム買取日記 スーパーマリオコレクション編

今度こそはこのサイトを立ち上げようと思ったワケについて書きます!

前回の「ゲームの買取比較サイトを作ろうと思ったワケ」では結局、簡単な管理人のプロフィールと漫画家さんを称えて終わってしまいました。

全くタイトルとは関係ない雑談でしたねww
その後、自分で振り返ってみて「ゲームの買取とは全く関係のない無駄記事を書いてしまったな~」っと反省しました。

意外と無駄じゃなかった

しかし、改めて読み返してみると、あの記事には管理人ならではの適当な人柄が溢れ出ていた気がして少しは管理人がどんな人なのか分かってもらえる内容になっていたのではないか?と思い、全く無駄でも無かったかなっと思ってます!

そんなワケで、今回こそ脱線することなく、このゲーム買取比較サイトを作ろうと思った経緯について書いておこうと思います。

ゲームと共に生きてきた歴史

思い起こせば幼稚園時代のファミコンから始まり、スーパーファミコン、ゲームボーイ、プレイステーション、セガサターン、64、プレイステーション2、プレイステーションポータブル、wii、プレイステーション3、プレイステーションvita、プレイステーション4と多くのゲームを渡り歩いてきました。

そんな管理人も気が付けばアラサーとなり、ゲームで遊ぶ時間も徐々に減ってきていました。

それでも、面白そうなゲームのPVを見るとワクワクして買い続けていましたが、最近では最後までプレイできずに、積みゲーとなっていくソフトたちばかりになってしまいました。

そこで、一旦手持ちのゲームを整理するために、もう明らかに遊ばないであろうゲームをまとめて売ろうと思い、自宅から車で30分くらいの所にあるゲームの大手買取チェーンであるゲオに持ち込みました。

ゲオで買取ってもらうのが当たり前だと思っていた

この時の管理人の心境としては特に深く考えることもなく、ゲオで売って当たり前だと思っていました。
みんなゲオで売ってるし、大手だから安心と思っていました。

今になって思い返せば、何をもって安心だと思ったのか意味不明ですww
でも、それくらい何も考えずに自然とゲームの買取ならゲオだと思い持ち込みました。

当時、4階建てのマンションに住んでいたのですが、5階建て以上のマンションにしかエレベーターは付いていないため、管理人のマンションにエレベーターはありませんでした。

買取って欲しいゲームをダンボールに詰めたもの、20点以上もあると重量もそれなりにあり、ゲームを持って階段を下りるだけでも正直少し大変でした。

ちなみに、この時売ろうと思ったゲームの詳細は「査定に出したゲーム詳細」からご確認いただけます。

そして、階段を降りて買取って欲しいゲームを車に積み込み、いざゲオへ!

この時は売る気満々で行ったので、まさかその後もう一度ダンボール一杯のゲームを持って、自宅までの階段を登ることになるとは思いもしませんでした。

続く。

この記事を見た人はこちらの記事にも関心があります

  • 関連する記事がありません
おすすめランキング王冠おすすめランキング帯

当サイトでよく見られている記事